レクサスのコンパクトSUV NX

レクサスが北京モータショー14で「NX」を発表しました。レクサスのSUVといえばハリアーって枝分かれ(?)したRXがありますが、NXはRXよりも小型のコンパクトクロスオーバーSUVとなります。ところで、こういうクロスオーバーって何ね?特別コンパクトSUVでいいと思うのですが。
コンパクトといった効くつつも全幅は1,845mmもありますから(RXは1,885mm)日本車の感覚でいくと大きめのボディとなります。まぁ、気持ちの問題なのかもしれませんが、何だか1,800mmっていうのは一つの区切りですね。実際には乗ってみて運転席から窺える景色次第で運転のしやすさは変わるので、NXが運転し易いかどうかは本当に試乗しないとわからないです。
外観の特長はとてもレクサスの意匠となったスピンドルグリル。こういうデザインは好き嫌いが敢然としそうですが、個人的には些かヘッドライトよりも下の部分が重たい感じがするんですよね。
日本での発売は2014年の後半ということですから、近々各種情報が小出しになるのでしょう。トヨタの新型ハリアーといったがたいや性能でかぶる部分がありそうですが、値段としては100万円くらいは高くなるのではないでしょうか。SUVランキング

This entry was posted in 自動車. Bookmark the permalink.