ハイブリットという軽自動車はどちらがお得か

皆さんは、車を買う時に何を重視しますか?車にまつわる経費色々有りますね、購入経費、自動車税、ガソリン代。最近、任意保険の金額、それぞれを十年間乗ったとして、気になるのは一旦、購入費用だ。軽自動車であればオプションを垂らしなければ、百万位ですかね。一方ホンダフィット、170万だ。次に燃費の問題ですが、燃費ホンダ・フィット336.4km/L、一方、ダイハツ ミラ・イース33.4km/L。次に毎年関する自動車税、軽自動車は\7200、一方1.0リッターから1.5リッターの車は34500って、大きな差だ。けれども次年度から軽自動車税購入した方からはが10500円に上がって仕舞うが、今保有している軽自動車は保留との事。もしも、買い変えを考えてるのならば、今年度中に買い替えした方がよいかもしれないですね。次に任意保険だ。それほど大差は乏しいようですが、保険屋さんに聞くと、予め購入価格でものすごく差が出るらしいです。余り細かく聞きませんでした、新車購入年度位は車両保険付けて置いたほうが安心なんでしょうか、それとも保険って一度使うと3等級落ちてしまうので損なのかかわいらしく分かりません。けど、
1年間契約者を違う人として、通年後自分に戻したら、等級は初めの等級に還るという要領を教えて貰ったのですが、もしも、引き続き無事故だったからには、3等級落としたほうがお得かもしれません。押しなべて言うと軽自動車の方が、10年乗った場合はかなり安くなります。私のような車は乗れたら素晴らしい派人間はでも良いと思いますが、、飽くまでも主観で軽押しで書いてしまいましたが、何しろ普通車に乗せて貰うと長時間乗ずるといった楽ですね。車は何より自分の好きな車をこれ位ならって在る程度の納得出向くものを乗ったほうが明るいと思います。セダン 人気

Posted in 自動車 | ハイブリットという軽自動車はどちらがお得か はコメントを受け付けていません。

車の買い替え

現在、自宅の車はちょっと買い替えを視野に入れておる。
というのも、7年目でとっくに17万キロも走っているからだ。
なんで必ずしも走っているのかというと、旦那の実家が遠くにあり、年に最低4回も戻るからです。
両親が高齢で、義母があまり動けく、義父が家事などを1年前から急にしないといけなくなったため、どちら共々負担があるので、
少なくとも年に数回帰れるときに返るというのである。
しかも合わせて私ら夫婦に子供ができ、しかも両親としてみたら初孫。それは会いたいだろうとのこと。
子供を連れての移動は車のほうが他人に気を遣わなくても嬉しいため楽だ。しかもETC割引によるといった、安く挙がる。
そのため何回も往復していたのだが…
もう車の買い替えも視野に入れなきゃいけなくなったという。
さて、そうなるとどうしたものか。
現在の車はステーションワゴンタイプの7人乗り。
こういう車にした理由は、まったく子供がいないときだったので「自転車が2台積めること」。
我々夫婦は年に1回ぐらい自転車レースに出ていたため、これは必須項目でした。
それに自転車を積まなくても7人乗りなので旦那の友達のアスリートさんたちのアッシーになるにはちょうどいいのである。
なので、次もこういうタイプにしようと思っているのだが、いくぶん問題が。
とにかく、この手の車が少なくなっているのである。
私らのディーラーさんのところにはこういうタイプは1台だけ。ほかの所もワゴンタイプやワンボックスがメインになってきているようである。
今のディーラーさんは私が結婚する前に、家族で夜中の高速で他社の車に乗っていた際、急にラジエターが破裂して動けなくなって立ち往生していたら、
奥様って2台で来てくれて、代車を貸していただいたという御恩があるため、こういうディーラーさんにしたいのだが…
そこにいらっしゃるステーションワゴンは他社の車を並べるというタイプの車なので僅かイマイチ…。デザインも色もイマイチ…。
かといってワゴンやワンボックスは…値段が大きい…。
ただし、ワゴンタイプのほうにすればオプションで高齢になった義母を車いすごと乗せれるようになる…おっきいけど…。

…ある程度は困りつつお金を貯めねばいけない。輸入車 人気 ランキング

Posted in 自動車 | 車の買い替え はコメントを受け付けていません。

ガソリン高騰中の今だから

ちょっと前に、ガソリン高騰がメディアで報道されていた、あのときの価格はまったくマシ。従来の高騰の流れにどんどん消費税増税分が拍車をかけて、今やレギュラーもちょっと前のハイオクのお値段くらいに跳ね上がってしまったガソリン代。田舎で自転車や歩ける距離にスーパーがなく、買い物のために車が必須な私にとりまして、ガソリン代は家計を圧迫する悩みのひとつだ。そんな中で気になる車は、当然燃費の良い車。その中でもスズキのアルトエコは、ガソリン車低燃費特別(35km/?)から今一つ番気になっている車だ。燃費も良くて、軽自動車だから維持費も普通車に比べたら素晴らしいし、車体本体のお値段も100万円を下回り、私にとっては頼もしいかぎり。どうにかどんどんガソリンの値段が上がっていくと思われる中、今の車から買い替えるならこれだと思っています。燃費が良いことはお財布だけでなく、環境にも手厚い気がして「実に私、良い選択してる!」といった思っちゃある(依然として購入していませんが)。
車に使用されているガラスが、UVカット仕様というのが女性には地味にありがたい点です。丸みを帯びたボディに、女性を意識した甘いカラーも魅力的です。長く使うものだから、ユーザビリティだけでなく、見た目もお気に入りのものがいいですからね。ミニバン

Posted in 自動車 | ガソリン高騰中の今だから はコメントを受け付けていません。

軽自動車のメリット

現在、軽自動車の新車販売が絶好調で、乗用車の全販売台数に占める軽乗用車の割合は半数前後、つまり2台に1台は軽自動車という事です。
又、車種別月間販売台数ランキングも、ベストテンの内7車種が軽自動車で占められるなど、何ともわが世の春を謳歌しているような状況になっています。

こんなにも軽自動車がモテているのは、やはりそれなりの理由があるからに違いありません。
それは、何と言っても維持費が少ない事といった、車体がコンパクトで動かしが楽な事です。

維持費に関しては、今度自動車税が上がってしまいますが、でもリッターカークラスの3分の1程度に過ぎず、重量税は据え置かれているので、依然お金の掛からないカテゴリーです事に違いはありません。

筆者は、とあるきっかけで普通車から軽自動車に入れ換えたのですが、自動車税の通知が来た時は、その金額の安さに笑ってしまいました。
ただし、諸外国と比べ日本の自動車関連の税金は高過ぎるので、本来は普通車が軽自動車並みの税金であるのが然るべきです。

話は脱線しましたが、やっぱこういう安っぽい自動車税に慣れてしまうと、普通車の高い税金を払うのが馬鹿馬鹿しく思えてしまう。

そうして、さほどのメリットです切り回しの良さについてですが、狭い道路での対向車との離合や、狭いパーキングに駐車する時などは、軽自動車は実際楽です。
すれ違いの時にこするのではないかと心配する事はひと度ありませんし、普通車なら何度も臨みしてやっと停めていたような小さいパーキングも、一発で停める事が出来たりしてしまいます。

こんな軽自動車のメリットに魅了されてしまうと、随分軽自動車から抜け出す事が出来なくなります。
筆者の場合、洗いざらいドツボにはまってしまい、軽自動車ばっかり何台も乗り継いでしまいました。 コンパクトカー 人気

Posted in 自動車 | 軽自動車のメリット はコメントを受け付けていません。

とっくに1台ほしい!

我が家は車が無いと耐え難いなーという所に住んでおる。
車はすでに1台持っているんだけど、旦那が毎日会社に車に乗って行かなければいけないから平日は完全に車が無い。
それほど用事もないからいいんだけど、たとえば子供が大けがをした時なんかはどうすればいいんだろうとして仕舞う。

そんな訳で我が家も車をもっと1台買いたいななんて終始話してはいるんだけど、そう簡単には買えないもの。
だって、車は買って終わりじゃないから。買ってからがガソリンに保険、それに車検なんてものにお金がかかってしまうから、そういう事を考えるといかほど元手を用意しておけばいいのかわからない。
当然車は一括購入できないだろうからローンを組む事になって何とか利子になくなるのか…

も、いつかは車が欲しい!
とにかくエコノミーな物が私も旦那も希望。たとえばプリウスとかインサイトとか。
どちらかというと私はプリウスを希望。というのもプリウスの方がインサイトによってふっと女性っぽさがあるデザインだから。
そうしてもちろんトヨタって内装もシンプルで使いやすいし、昔トヨタの人と仕事をして甚だしく望ましい人達だったからトヨタを推す私。
出資者は旦那になるから旦那の希望が通り過ぎるだろうけどプリウス、ほしいなー。軽自動車 人気 ランキング

Posted in 自動車 | とっくに1台ほしい! はコメントを受け付けていません。

レクサスのコンパクトSUV NX

レクサスが北京モータショー14で「NX」を発表しました。レクサスのSUVといえばハリアーって枝分かれ(?)したRXがありますが、NXはRXよりも小型のコンパクトクロスオーバーSUVとなります。ところで、こういうクロスオーバーって何ね?特別コンパクトSUVでいいと思うのですが。
コンパクトといった効くつつも全幅は1,845mmもありますから(RXは1,885mm)日本車の感覚でいくと大きめのボディとなります。まぁ、気持ちの問題なのかもしれませんが、何だか1,800mmっていうのは一つの区切りですね。実際には乗ってみて運転席から窺える景色次第で運転のしやすさは変わるので、NXが運転し易いかどうかは本当に試乗しないとわからないです。
外観の特長はとてもレクサスの意匠となったスピンドルグリル。こういうデザインは好き嫌いが敢然としそうですが、個人的には些かヘッドライトよりも下の部分が重たい感じがするんですよね。
日本での発売は2014年の後半ということですから、近々各種情報が小出しになるのでしょう。トヨタの新型ハリアーといったがたいや性能でかぶる部分がありそうですが、値段としては100万円くらいは高くなるのではないでしょうか。SUVランキング

Posted in 自動車 | レクサスのコンパクトSUV NX はコメントを受け付けていません。

女性にお勧めの「ブーン」

ブーンは、ダイハツから販売されている自動車だ。軽自動車のラインナップが多いダイハツですが、こういう車は5人乗りの普通乗用車だ。まずは、ブーンに関して紹介していきます。
 ブーンの底値は126万円からとなってあり、駆動方式には2WDといった4WDってがあります。外観デザインは、女性にも好まれる上品なものとなっており、きめ細かいイメージが湧いてきます。そのボディカラーは全部で9種類あり、多くが淡いカラーですが、中には鮮やかなレッドやブルーも展開していらっしゃる。
 次にインテリアについてですが、室内はシンプルで落ち着いた印象となっています。窓ガラスには全面UVカット機能が施されているので、日焼けを気にする女性も安心です。また、シートアレンジも可能なので、大きな荷物や長い荷物も問題なく収納できます。運転席のシートポジションは高めに設定されているので、視界も大きく、助手席側も見やすいだ。
 そうして、ブーンは環境にも配慮されて作られています。ガソリン1リットルあたり27.6kmという燃費消費率なので、家計も助かります。一段と、「エコアイドル」というダイハツ独自のアイドリングストップ機能も搭載され、時速9km以下になると自動でエンジンが停止するので、無駄なガソリン消費を防ぎます。他にも、横滑り防止機能もあるので、いざという時も安心です。スポーツカー ランキング

Posted in 自動車 | 女性にお勧めの「ブーン」 はコメントを受け付けていません。

今では2.0Lエンジンも高級車

ハイブリッドだけになっていた新型スカイラインに新しく直列4気筒2.0リットルターボエンジンを搭載した「200GT-t」というモデルが追加されます。ハイブリッドよりも甚だ安くなりますが、でも400万円くらいなのでBMWの3シリーズといったCセグメントと呼ばれる外車という真っ向勝負することになりますね。因みにエンジンはダイムラークライスラー製のエンジンで、ベンツのEクラスに搭載されているものと同じだそうです。
2.0リットルエンジンの車に400万円と聞くと「厳しい」と感じますが、ベンツやBMWもダウンサイジングと言われる2.0リットルのエンジンを搭載しているので、それほど考えると「あり」かなと思えます。まぁ、最近の外車はみんなダウンサイジングされたエンジンを搭載しているので、300万円クラスも2リットル未満のエンジンも珍しくありません。低いエンジンが安っぽい車のものだと思ってしまうのは考え方が古めかしいに関してになるのでしょう。
そうはいってもやはり排気量が高いほうが多々余裕があって運転していても心に余裕ができる気がするので、なんでもかんもダウンサイジングしてしまうのは鈍いな~と思ってしまう。やっぱいつかは大きなエンジンの車に乗ってみたいですね。車売る

Posted in 自動車 | 今では2.0Lエンジンも高級車 はコメントを受け付けていません。

日本が世界に誇れる実用車

モデルチェンジというういといったあまりにケバイ車に目が赴きがちですが、軽トラックもダイハツが15年ぶりにフルモデルチェンジしました。因みに、軽トラックって隠れた名車(?)というか日本が世界に誇ることが出来るといっても過言ではないという個人的には思ってます。
その内容は、ボディー構造を一新やるというかなり大がかりなもの。そうして、車内の居住性や静粛性もかなり高まっているそうです。軽トラなんて、そもそも道具としての性格が強いので、居住性や静粛性なんて気にする人少ないのでは?と思ってしまいますが、まぁいいにこしたことはないですね。
エンジンの高圧縮比化や、電子スロットルの採用などにより、エアコン・パワステレス仕様での燃費は19.6km/Lとかなり良くなっていらっしゃる。当然実用車だからランニングコストが安っぽいのは良いことですね。
町中を走っている軽トラの中には時にケバイ色を見掛けることがありますが、あれってほとんどは後から塗ったものだと思います。新型ではボディーカラーにメタリックオレンジもあるというから斬新だ。また、「ビューティーパック」「農業女子パック」という軽トラという関係あるのかないのか思い付か感じが設定されています。軽トラというと田舎の中年からお年寄りが乗る「古臭い」車というイメージが激しいので、それを払拭狙うについてなのでしょう。車査定

Posted in 自動車 | 日本が世界に誇れる実用車 はコメントを受け付けていません。

はじめに中古車査定ができるサービスで…。

はじめに中古車査定ができるサービスで、集められるだけの関係情報集めにとりかかります。そもそも中古車査定というものがどのように行なわれるのかをキッチリと掴む事が出来れば、戸惑ってしまうようなことはないのではないでしょうか。
査定を行う中古車買取をするお店もたくさんあり、幾ばくかの査定金額の振れ幅が出てくるものです。だとしたら、何としても高い方の金額で売却したいと思いますよね。
自宅より一番近い車買取専門店で、さっと売却する人というのも見掛けますが、無理でないなら車の一括査定などを活用し、抜かりなく比較調査してから売却された方が絶対得をします。
買取を専門にしている業者も、他と相みつになっていることは百も承知ですから、初期段階から目を引いてもらえる見積もりを提示するんです。見積もり交渉は下手だと思っている人には、かなり有益だろうと思います。
今の時代は、身近になったインターネットを駆使して、マイカーを売却する時に使えるデータを得るのが、最善策と見なされているようです。

必要事項を埋めれば、概ねだけれど高値も知ることができる。自宅でくつろいでいる間に、ご自分のクルマの最も高い買取金額が明白になるということになれば、とにもかくにも活用しないなんてもったいない話です。
昨今の車買取の状況を知らずに車の下取りを終え、そのタイミングでオンライン一括車査定のことを教えられたとしても、すでに取り返しがつきません。あなたにはオンライン一括車査定のようなサービスが提供されていることを理解していてほしいという気持ちが強いです。
車種によってマーケット価格が違うので、オンラインを経由しての取引だとしても、年式・車種とか走った距離などから、申込された時点におけるラフな査定金額を見ることも難しくはないのです。
既にご存知かと思われますが、新しいクルマを買うときに下取りを依頼した車は、そのディーラーを経由して廃車にするか、中古車としてオークションに持ち込まれるというルートに分かれると聞いています。
複数の車買取店の査定を比較するというのは勿論大切ですが、闇雲に時間を掛けていると、買取価格が大きくダウンするという実例も稀ではないので、提示された金額がまずまずであれば、早期に決断すべきです。

出張によって車を買い取ってきた人には、お給料以外にインセンティブが給付されるケースもあるみたいです。そんな訳で、出張査定の依頼となると飛んできますから、まるっきし申し訳なく思う必要はないと考えていいでしょう。
受取った買取金額の提案が満足して良いものなのか明白ではないので、ネット上で公開されている車の一括査定サービスの利用前に、ご自身の車の買取相場というのがいくらなのかにつきまして、調べておくべきだと思います。
ダイレクトにショップに行って査定を依頼する場合でも、ネット上の一括査定サービスを有効利用する場合でも、お役立ち情報を身につけておいて、高額の買取価格を実現しましょう。
車買取価格を上昇させるのに必要な事は、内外装のクリーン状態を訴えることだと認識していてください。実際にクルマの査定をしてくれる人からよく思ってもらえれば、査定額を引き上げさせることも困難ではありません。
必要項目に対して答えを返すというシンプルな作業で、一括で、その上タダで何社も買取業者に査定してもらうことができるサービスだってあるのです。その上インターネット利用なので、一年中対応してくれます。

Posted in 自動車 | はじめに中古車査定ができるサービスで…。 はコメントを受け付けていません。